家の中にある様々な品について

部屋に一つだけ設置するという

建築士の資格は当然

僕は、住宅、店舗、アパート、工場、計事務所一本タイプなので、色んなジャンルの建物に携わっていきたいです。
店舗と大型物件に取り組む時に、設計スキ事務所、店舗と幅広く担当してきている設しかし、何も全てのスキルを独立前に手に入れる必要はありません。
独立した後も様々なスキルを、仕事しながら獲得していけばいいだけの事です。
僕にしても、工務店の社長や、デザイン系工務店の友達、他の設計事務所の友達、大工の友達、コーディネーターの友達、は何もしらない赤ん坊だったのが、9年後にはある程度、販売促進の事(ビジネス)が解る経営者になっています。
内装関係の友達等、いろんな人からいろんな知識を得る事で、独立当初は、建築デザイン以外大切なのは、自分のスキルをつねに磨いていくことです。
色んな事にぶつかって、経験を得る事です。
長期的な予定をたてて一歩ずつ進めばいいのです。

ビジネスとしてのデザイン

ただ独立するだけでは、仕事をとる事はできません。
自分の会社をブランディングブランド化する事が必要ですどのようにブランディングしていくか、何を売るか戦略を練って市場に提案する必要があります。

ビジネスとして売り物を選ぶべきか独立当初は、知人の家を設計するか、工務店の協力会社として仕事をするか、くらいからスタートする事になるかと思いますが、徐々に自社のカラーを打ち出していく必要があります。

住宅という言葉があ

なんでも、作れるというスタンスは、逆にいうと特色がなく何にも受注できない可能性があります。
近年、市場はシビアです。あなたの友達ですら、逆に知合より気軽に頼めるからという理由で、なんの関わりもない会社に設計をお願いします。せいぜい相見積もりの一つに入れてくれる程度でしょう。
事務所を頼んでくれる、無二の親友が沢山いない場合は、会社に特色を出して、その特色を求めている人を取りこぼさないような仕組みの方が、基本的には受注に繋がると思います。
あなたに家やつまりこういう事です。
あなたが今、おいしいうどんを食べたいとします。
A店手作りの麺に、こだわりのダシを使っている小さなお店B店うどんが置いてあるファミレス友達がやっている定食屋うどんもあるあなたはどの店に行きますか?

 

資産になるどころ

間取りを取り入れたため友達の店に行きますか?いやいや、おいしいうどんを食べたいですよね!
ほとんどの方がA店に行くと思います。
まして、家づくりは一生に一度の大切なイベントです。
友達だからといってC店に行かれる人はどれくらいいるのでしょうか。
そう考えると、どのくらいターゲットを絞っていくかという判断しにくいポイントはありますが、個人事務所の場合はニッチ戦略ターゲットを絞った戦略でいくべきだと僕は思います。
見渡してみてください。
工務店で成功している所は必ず、会社のカラーを決めています。
無垢材の家自由設計の家大工が作る家
こんなのでは、いまどきターゲットも絞り切れてなく話になりません。
「設計事務所顔負けのデザイン住宅」「炭をふんだんに使った健康住宅」「スエーデンのデザイン完全輸入の家」「アンティーク系の住宅、アンテクークショップ併設」収納完璧の家等、各会社それぞれです。
設計事務所の人は思います。
収納が沢山必要なら、沢山設ければいいんじゃないの?
もちろんそうです。簡単な事です。
しかし、展示場があって、色んな手法で収納してあり、事例として写真で変わった収納方法が沢山あると、収納に興味のある人はその会社で建てるものなのです。

家になってしまいこれは、工務店の話で、会社のカラーを決めて、設計事務所の話とは若干ずれはあります。しかし、選んで仕事を受注する時代が来たと思っています。
こういう内容を踏まえて、どのような設計事務所にするか検討すべきなのです。
僕は、設計事務所も、どんな仕事でも受注するのではなく、僕の会社はRC造をメインで扱っています。
すると、RC造に対して当然詳しくなります。いろんなコンクリート系の本を読んだり、構造の事に詳しくなったりします。すると、ノウハウが溜り一物件にかかる設計の時間が短くなります。さらに、実例もたまっていきます。施主の信頼も得やすくなります。結果、RC造で建てる場合は当社で建てた方が、施主の方にもメリットが発生して、受注に繋がるという事になります。双方にメリットが出る事はビジネスの基本です。
設計事務所で言うと「ヨーロッパ式の手作り感あるお洒落な家」「本格的、数寄屋建築」「真っ白い箱のような窓もコンセントも無い家」「構造体剥き出しのローコスト鉄骨住宅」とか色々あると思いますが、あなたの目指す建築スタイルと合わせて検討していく必要があります。

ビジネスとしての木造住宅業界ではダントツで主流の工法です。
ほとんどがこの木造住宅です。一言に木造といっても、在来木造、2×4工法、SE工法、パネル工法、等多種多様な工法が存在します。
鉄骨と木造の複合梁なんかもあり、それぞれに宣伝文句が存在します。
しかし、これは、個人的な実感としては木造住宅で建てようとしている方は、それほど構造に関して興味がないような気がします。
構造に興味が低い、富山という地域がらかもしれませんが。
ある程度ちゃんとしていればいいといった感じです。
2×4工法で売っている営業の方に気いた話だと、2×4工法の事はいっさい売り文句にしないと言っていました。
工期短縮の価格勝負の工法です。
大工さんに建ててほしい方だと、ニーズに合わせた結果です。
柱の太さを気にしたりします。
富山で言うと105角か120角になりますが、大工さんは120角にするケースが多く、ハウスメーカーは大抵105角です。

住宅の良さが無くなってしまい

修繕などを行わないとすぐこれは、会社にくるお客様のハウスメーカーで買われる人がまったく構造を気にしてないという訳ではありません。
大手メーカーなんだから、当然しっかりしているでしょうといった感じです。
メーカーに任せているといった感じです。
比べると工務店(大工)で建てられる人は地元の付き合いで建てられるケースか(最近、付き合いで建てるケースは激減していると思いますが親のススメ親が工務店で建てているケース特殊な扱っている工法ソーラーサーキットの家、WB工法等和風の外観総檜作り等、材料で決めるケースなんかがあげられます。
)又、近年、木造住宅の市場では、デザイン住宅として売り出しているメーカーは実に増えています。

マンションであれば

暮らしぶりに合わ地元の建築家と協力してやっているパターンや、社内に優秀なスタッフを雇い入れやっているパターン等、様々です。
デザイン住宅では「お洒落な家を建てる→内覧会→お洒落なお客様を取り込む」このサイクルを作れれば成功したと言っていいと思います。もちろん、そのお洒落なお施主様の要望に答えるには、多くの知識とセンスを必要とするので、対応するスタッフのレベルアップもかかせません。
このように、木造は住宅がメインになるかと思いますが、構造の特色というよりはデザインで売るケースが多くなります。
あなたが、木造でビジネスを始めようと思うなら、構造以外に他社に無い特色を持ってスタートする必要があると思います。
上記に上げたのは、工務店の戦略なので、設計事務所の場合はこれを超える、デザインに着目した特色のある戦略を練る必要があります。
設計事務所で戦略的に経営を進めている所はあまりありません。
しかし、供給
側が飽和した時には、売り方とターゲットを決め集中させるのは経営の基本原則です。
今、設計事務所業界もその時を迎えていると個人的には思います。

ビジネスとしての鉄骨造しかし、重量鉄骨と言えば、設計事務所業界で言えば、工場の設計がまずあげられると思います。工場の設計は簡単な割に、工場の建設費が高いのでそれなりの設計料がもらえるので割のいい仕书と言えますを受注するのは、親や親戚が工場の社長のケースを除いて、かなり難しいと思います。まずは重量鉄骨の耐震性で住宅を売っていきましょう。
独立したばかりの人がし場重量鉄骨の住宅には一定のニーズがあります。
耐震性を求める人の何割かは重量鉄骨を検討しています。
工務店で重量鉄骨を売っている会社はほとんどないと思われますので、設計事務所としてこれに臨むのは決して間違ってないかと思います。


修繕などを行わないとすぐ 家の中にある様々な品について 家の中にある様々な品について